風俗嬢が関わる性病【梅毒】症状・治療・予防の知識

風俗嬢のかかりやすい性病【梅毒】症状・治療・予防の知識のアイキャッチ画像 風俗嬢が関わる性病

こんにちは。風俗嬢のなぎさです。
今回は風俗嬢がかかりやすい性病である『梅毒』について、お話しさせていただきます。

この病気は風俗店で性的サービスを提供する女の子が、もっとも気をつけるべき病気のひとつです。

風俗嬢として働く以上、性病にまつわる悩みや不安からは逃れられないのかもしれません。
ですが適切な予防策や、病気にかかってしまった時の正しい治療行為を知ることで、病気の不安や苦しみを最小限に抑えられます。

記事の中で「梅毒の症状・感染原因・治療法・予防策」などをそれぞれまとめました。
病気のリスクを軽減・回避していくためにも、記事内の情報をご覧いただき、ぜひ今後に活かしてくださいね。

風俗嬢が関わる性病【梅毒】の特徴を再確認しましょう

梅毒は、人と人とが「性的な接触」をすることで感染する病気です。
ここで言う性的な接触とは「皮膚や粘膜が触れ合うこと」を意味し、もしも感染してしまうと全身に症状が広まってしまいます。具体的な症状に関しては下記の記述を是非ご覧になってください。

また夜の世界でいえば風俗嬢だけでなく、お店にやってくるお客様も梅毒に感染している可能性があります。
特にこの数年は国内の梅毒感染者は急増しており、夜の世界に携わる人間は感染への危険性に注意を払っていくべきだといえるでしょう。

厚生労働省の発表データ

梅毒の感染症報告数年次推移データ

この厚生労働省の発表データを見ると、直近の2〜3年で感染者が爆発的に増加しています。

梅毒の感染報告数平成28年度データ

そして平成28年の数値を例に見てみると、女性の感染者は20代に多い事がわかります。
また25〜39才の年代層は男性が女性の感染者数を上回っており、男性のお客様から感染する可能性もある以上、風俗の仕事をする上では留意するべき点であるといえるでしょう。

◇引用元:「厚生労働省ホームページ 性感染症報告数 」◇

 

梅毒にはどんなときに感染する?原因や症状について

感染する原因(感染経路)は「粘膜」と「皮膚」から

梅毒の主な感染経路となるのは、感染場所の「粘膜」と「皮膚」です。
この部分が直接的な接触を行うことで、梅毒の病原菌が体内に入り込んで感染します。

性的サービスの中で言えば、「性器同士」や「性器と口(オーラルセックス)」などの接触が主な感染原因です。

口・のど・性器などへ感染し、段階的に症状が進みます

梅毒にかかると全身もしくは「口や喉、性器」などに赤いブツブツやしこりが発生します。

個人差がありますが、梅毒の潜伏期間はおよそ3〜6週間程度。
症状には段階があり、感染後の時間の経過とともに進行することがあります。

・第一期(感染後3週間から9週間前後)
性器や股のつけ根が赤くはれたり、口のまわりなどにしこりが発生します。
痛みを感じないこともあり、感染したことに気づかないことも。

もし感染の可能性に気付くことができたなら、この時点で速やかに検査しましょう。

・第二期(感染後9週間から3年前後)

梅毒に感染したまま3カ月以上が経過すると、症状が全身へ広がっていくことがあります。
関節の痛み・熱っぽさなどがあるほかに「バラしん」と呼ばれる、赤いブツブツが身体や顔面に出てくることも。

この段階でも痛みやかゆみを感じないケースもありますが、病原菌は体内に残っています。

・第三期(感染後3年前から)

早期に治療を受けられなかった場合、臓器などに障害をきたす症状に発展することもあります。
そして皮膚・骨・筋肉にゴムのような腫瘍が生まれる「ゴム腫」ができて、治療後も跡が残るケースも。

梅毒は何度でも再発する

近年の梅毒は早期に治療が始まる場合が多いようで、深刻な症状に至るケースはあまりないようです。
また治療をしなくても症状が軽くなることもありますが、時として再発を繰り返すこともあります。

体内から病原菌を完全に追い出すためには、医療機関での適切な処置が必要だと言えるでしょう。

女の子は「婦人科」で梅毒の検査ができます

女の子のは婦人科へ

梅毒に感染したかどうかは、医師による診断と血液検査によって判断されます。
女性であれば「婦人科」または「泌尿器科」や「性感染症内科」でも検査が可能です。

梅毒の治療は抗菌薬で行います

梅毒の治療は、医師から処方される抗菌薬を内服することで進めていきます。
また抗菌薬の内服をどれくらい続けるかは個人差によって大きくことなるため、医師の判断にしっかりと従いましょう。

風俗のお仕事をするなら「感染場所に触れない」ことが大切

梅毒にかからない為には、感染した部位に接触しないことが大切です。
性的接触が常である風俗嬢は性器同士や、性器と口などの接触によって感染のリスクにされされています。

お仕事の際には、お客様にできる限りコンドームの着用をお願いしましょう。
またパートナーに感染が疑われた時も、自己判断で済ませずに検査を行うことが性病の早期発見のカギとなります。

おわりに

風俗嬢のサービスには様々な種類があれど、お客様との肉体的な接触はつきものです。
そういった意味では、日々の接客の中で常に感染のリスクを抱えているといっても過言ではありません。

性病予防に対する意識を高めていくことは「パートナー」や「お店の同僚」、ひいては「自分自身」を守ることにつながります。

日頃から「清潔さを保つこと」と「自らの身体の変化に気を配ること」の大切さを忘れずに、お仕事へ取り組んでまいりましょう。

また当サイトでは、風俗の仕事をする上で注意するべき性病をまとめた記事を掲載中です。
お時間のある方は、ぜひともご覧になってみてください。

タイトルとURLをコピーしました