風俗嬢が関わる性病【淋病】検査・治療・予防の知識

風俗嬢のかかりやすい性病【淋病】検査・治療・予防の知識のアイキャッチ画像 風俗嬢が関わる性病

風俗嬢のかかりやすい性病【淋病】症状・治療・予防の知識

こんにちは。風俗嬢のなぎさです。
今回は風俗嬢がかかりやすい性病である【淋病】について、お話しさせていただきます。

淋病(りんびょう)は風俗嬢がかかる性病の中ではかなり有名で、同じ性病である「クラミジア」との合併症のリスクもあります。
記事の中で感染の原因や治療・予防の情報をまとめていますので、今後に役立てていただければ幸いです。

風俗嬢が関わる性病【淋病】の特徴を再確認

淋病は「淋菌」と呼ばれる病原菌が、人の身体に入り込むことで感染します。
一回の性行為で感染する可能性があるといわれており、性サービスを生業とする女の子が気を付けるべき病気だと言えるでしょう。

厚生労働省の発表データ

淋病の感染症報告数年次推移データ

 

淋病の感染報告数平成28年度データ

この厚生労働省発表データを見ると、この10年ほどは男性の感染者の方が多いものと見えます。
ですが、私のご近所レベルではこの性病にまつわる悩みを持っている女性は決して少なくありません…。

◇引用元:「厚生労働省ホームページ 性感染症報告数 」◇

 

淋病にはどんなときに感染する?原因や症状について

感染する原因(感染経路)は皮膚や粘膜の接触

淋病は感染場所(皮膚や粘膜)の接触によって、病原菌が体内に入り込む疾患です。

性器同士の接触(セックス)
フェラチオ(オーラルセックス)
ディープキス(口同士の接触)

このいずれかの性行為によって、淋病に感染する可能性が生まれます。
また人の身体からだけでなく、食器や衣服・タオルなどから感染することもあります。

潜伏期間はおよそ2日から14日ほど

淋病は、およそ2日〜7日間の潜伏期間後に症状が出てきます。
自覚症状の得にくい性病ということもあり、この期間中に感染に気付くのは難しいかもしれません。
できるだけ普段から性病感染へ注意を払い、もし身体の異変に気付くことがあればすぐに検査に向かいましょう。

淋病に感染するとかゆみや痛みを伴うことがある

淋病に感染すると性器や尿道が赤く腫れあがり、「黄色いおりもの」が出ることがあります。
その状態で排尿すると「かゆみ」や「痛み」を伴うこともありますが、人によって症状を感じにくいのも淋病の特徴です。
症状が進行すると「淋病性膣炎」によって下腹部周辺に痛みを覚えることがあり、不妊症につながることもあります。

ディープキスやオーラルセックスなどで口内感染すると、「咽頭炎」の症状が発生します。
口内やのど部分に「異物感」や「熱っぽさ」を感じることがあり、一般的には風邪の症状と混同されがちです。
感染したまま放置しておくと「淋病性結膜炎」となり、まぶたや結膜から膿みが出てきます。

女の子は「婦人科」で淋病の検査ができます

女の子のは婦人科へ

女性の場合は、婦人科で淋病検査ができます。
また、性器に違和感がある際は「泌尿器科」での診察も可能です。

産婦人科には男性の患者がいないので、気になる人目が気になる方は産婦人科をおすすめいたします。

検査は「尿検査」と「粘膜採取」のふた通り。
検査結果をもとに医師が淋病の有無を判断し、必要があれば治療に入ります。

淋病は抗生剤で治療します

淋病に感染していた場合は、部位や症状に合わせて抗生剤を飲んだり、点滴注射で治療を進めます。
個人差はありますが、投薬をはじめておよそ7~10日程度が治療の目安です。
およそ3~4週間を目安に再検査を行い、体内から淋菌が検出されなければ完治となります。

感染予防のために「コンドーム着用」への理解を

性的サービスを日常的に行う風俗嬢にとって、性病感染のリスクを減らすために「お客様にコンドームの着用をお願いすること」はとても大切です。

とはいえお客様によっては気分を害してしまう方もいるので、なかなかにデリケートな問題であると言わざるを得ません。

お店のスタッフに相談したり、「ゴム着用を絶対に守ってくれるお店」を探すなど、感染のリスクを抑える道筋を探してみましょう。

風俗嬢として働くなら、パートナーやお店からの協力も重要です

風俗のお仕事をする上で自分だけなく、パートナーやお店で接する人たちに理解や協力を得ることがとても大切です。

たとえ淋病が症状に気づきにくい性病であっても、「性の触れあいのある人たち」が一緒に注意を払ってくれることでリスクは大幅に軽減されます。

気にかかることがあれば自己判断だけで済ませることはせず、できるだけ早めに医療機関での検査を行いましょう。
長い目で見れば、性病予防への意識を高めることがパートナーやお店との信頼関係の構築にもきっとプラスに働くはずです。

また当サイトでは、冒頭でお伝えした淋病との合併症の可能性がある「クラミジア」についての記事も掲載しています。
興味を持った方は、ぜひともご覧になってみてください。

タイトルとURLをコピーしました