風俗嬢が本指名を増やすための接客ポイント3つ

「風俗嬢が本指名を増やすための接客ポイント3つ」のアイキャッチ画像 風俗ハウツー

お疲れ様です、なぎさです。

風俗嬢が安定した収入を得ていくためには、お客様から「本指名」をいただけるかどうかが重要なポイントです。
つまりリピーターのお客様を増やす、ということですね。
継続的にお客様がついてくれるので、本指名は給料に直結する要素だと思っておいて間違いありません。

本指名がなかなか取れない原因はいくつか考えられますけど、個人的には風俗嬢の接客態度が深く関わってくると思っています。

お客様が不快に思う接客をしていたとすれば、本指名など夢のまた夢…。
最悪の場合、地雷嬢とみなされお店の悪評にも繋がってしまいます。

そうなってしまえば、悪循環のはじまりです。
お客様だけでなく、お店側からも問題児扱いされてしまうでしょう。

その結果、常連客や良客と呼ばれる方々へあてがわれる機会も減っていき…。
稼ぎたくても稼げないような、つらい状況に追い込まれてしまうことだってあるんです。

そうならないためにも。
確実に高収入を稼ぐためにも。
本指名を取れるコツをしっかりと押さえておくべきなんです。

というわけで、今回の記事では「本指名を増やすための接客ポイント3つ」をご紹介します。

お伝えする内容は私自身も実践していることであり、これまでの経験から”こうした方が良い”と思える手法です。
失敗を繰り返しながらも己の行いを改めていく中で、確かな手応え(良い変化)というものを感じてきました。

実際に接するお客様のからの何気ない一言や、お店のスタッフとの信頼感など。
数値化するのが難しいところもありますが、接客面での努力はしっかりお給料にも反映されている実感があります。

風俗嬢(従業員)は基本的には、笑顔です。
そうはいっても毎日ツライことが何度もあったり、やってらんねーやって時もありますわ。
だからついついNGな接客態度がポロッと出てしまう気持ちもわかります。

とはいえ自分自身の利益のためにも、本指名の獲得はとても大切です。
だからある意味、ここが風俗嬢の踏ん張りどころだとも言えるんじゃないでしょうか。

知らず知らずのうちに、お客様がNGだと思う接客をしていないか、自身の振る舞いを思い起こしながらご覧いただければと思います。
今回の記事がだれかの、何かしらの良いきっかけになる事を願いつつ。

1.風俗嬢は本指名をもらう為にも他のお客様の愚痴を言うべきじゃない

他人の悪口を言う人は、自分も批判される

お客様は気持ちよくなるために風俗を利用しています。
そんな中、風俗嬢が他のお客様のグチをぺらぺらと話していたら相手はどう思うでしょう。

「悪口ばっかりで気分悪いな…」
「もしかしたら俺も裏では悪口言われているのかな…」

という感じで、不快な思いや不安の種を相手に植え付けてしまいます。
そんな思いをさせる風俗嬢を、お客様は果たして本指名をしてくれるでしょうか?

不快に思われたら即NG!地雷嬢認定まっしぐら

お客様は思った以上に風俗嬢を見ています。
特に足繁く利用している常連様は女の子の目利きが上手です。

あなたの何気ない会話や仕草は、お客様によっては不快になることもあります。
最低限の言葉遣いやマナーは心得ておくべきでしょう。

また、普段友達と話すような「てゆ~か」「マジで~」など、くだけた口調も人によってはマイナスイメージ…。
初対面のお客様に気に入ってもらうためには、丁寧な話し方をしておいたほうが無難です。

テクニックや容姿に自信がなくても、「話しやすい」「居心地がいい」と思ってもらえれば本指名の可能性がグッと上がります。

グチを言う人はグチを言われる人?口コミで名指しNGされるかも

百歩譲って日常生活に対してのグチなら、お客様も共感してくれるかもしれません。

ですが別のお客様を悪く言う話題は、絶対に避けるべきです。
いくら丁寧な言葉遣いで容姿が優れていたとしても、不満をこぼしてばかりいる風俗嬢をNGとするお客様も少なくありません。

また人を批判する以上、自分自身が批判されている可能性がある点も忘れずに。

風俗利用者の中には風俗口コミサイトを参考・レビュー投稿をしている方が大勢います。
ベテラン風俗ユーザーならお店のシステムやプレイ内容について触れるだけでなく、風俗嬢についての評価もしているんです。
もしあなたがグチばかり言っていると思われてしまったら、「あの子は客のグチばかり言う」「地雷嬢だ、気をつけろ!」などと書かれてしまうかもしれません。

自分の行いが招いた報いではありますが、お客様からの低評価は結構心にくるものです…。
正直私も口が悪いほうですが、意識すればすぐに改善できました。
目指すべき接客態度は、硬すぎず柔らかすぎずの絶妙なライン。

難しいと感じるのであれば、いつもより少し明るめに接するといいかもしれません。
サバサバしている風俗嬢より、明るく振る舞うほうがお客様に好まれる傾向があります。

これは自分の経験によるものですが、恋人同士のような時間を楽しみたいと思っているお客様はやっぱり多いですからね。
私も必要以上にキャピキャピルンルンできませんが、限りある女子力を振り絞って頑張ってます…。

しかしどの業界でもそうですが、不満を抱えずに自分の仕事をこなせる人なんて滅多にいません。
不満の1つや2つは必ず出てくると思います。
だからどうしてもグチを言いたくなってしまったら、匿名掲示板やSNSを利用しましょう。
口コミでの批判や、身バレのリスクを抑えながらストレス発散できるメリットがあります。

とはいえこの行為も、度を過ぎると己に還ってくるものと私は考えておりまして。
言葉には力が宿るといいますし、文字に起こす事でその想いが強まることもあるんじゃないかと。

それがたとえ通りすがりの流し見だとしても、他人の不満を聞く側・見る側にも少なからずエネルギーがいるでしょうし。
まあ、逆に人のグチに共感ハンパないって時もしょっちゅうですけどね。
でも、たま〜にコレやばくない…?みたいな物言いしてる人もいたりして。

とりあえず何事も節度を持って、ということで…。
私自身、ストレスの逃がし方には日頃から悩みっぱなしだからえらそーなことは言えませんが。

トークも風俗嬢の仕事!心地よく思われる接客をすれば本指名に繋がります

グチや不満を言うのでなく、お客様に寄り添うような気持ちで会話をしていけば、あなたの印象もきっと良くなるはず。

風俗嬢とのおしゃべりを楽しみにしているお客様もいるということを忘れずに、心地のいい会話を心がけましょう。
トークはお仕事のりっぱな一環ですからね。

「またこの子に会いたいな」と思ってもらえるような接客なら本指名の数も自ずと増えていきますよ。

2.風俗嬢が本指名をもらうには地雷な女だと思われるような接客をしない

お客様に地雷接客をすれば、風俗嬢は地雷嬢として認識される

お客様に嫌われないようなトークを意識して、当たり障りのない会話を淡々と続けていても本指名獲得にはあまり効果がありません。

接客中は顔の表情を穏やかにしたり、愛想をよくしたりと、お客様から見られている部分へ注意を向けるのもポイントです。
接客の基本的な部分でもありますので、こちらもぜひ意識してみてくださいね。

笑わない風俗嬢は自分の給与明細を見て笑えない

風俗に限らず、接客業において笑顔は必要不可欠なスキル。
某ファストフード店では笑顔を無料で提供しているくらいですし、お客様も笑顔あふれる接客を当然のように求めてきます。

恥ずかしい話、私自身も笑顔があまり得意ではありません。
今でこそ自然に笑えるようになりましたが、風俗で働き始めた当初は苦労したものです。
慣れないお仕事で不安もありましたからね…。
「君ってあんまり笑わないね」とフリーで当たったお客様に言われたとき初めて、「あ、私笑ってなかったんだ」と気がついたほどです(笑)。

当然といえば当然ですが、そのお客様が私を本指名することはありませんでした。
それでもこれじゃあいけないと思い立ち、笑顔を意識して明るく接客するようにしたところ、リピーターのお客様は間違いなく増えていきました。

そういった経験もあって、笑顔は人からの評価と稼ぎに直結してるんだなと思えるようになったんです。
だから思わず笑みがこぼれてしまうような給与明細をもらうには、接客の間だけでも表情豊かに、スマイルを心がける必要があります。

そんなん言っても私自身たまに接客中にキッツイなぁ…てなりますし、そんな時は心のアンテナをへし折ってます。でも頑張ってます。
どんな感じになってるかは想像におまかせしゃす…。

地雷嬢と思われないために愛想のいい接客をしよう

「顔が好みじゃないから」「なんか面倒くさくなったから」といった、自分本位な理由で無愛想な接客をするのは絶対にNGです。

お客様に全く非がないのに、受け答えが冷たかったり、あからさまにボディタッチを避けたり…。
もしそんな手抜きのサービスをしたりすれば、お客様の満足度は下がる一方です。
お客様に過度の不快感を与えるようなことになればお店のクレームにも繋がりますし、結果めでたく地雷嬢認定をいただくことになります。

サービスしづらいお客様に当たって落ち込んでしまう時もありますが、NGな接客を続けていたら本指名は遠ざかるだけです。
お客様の目を見て会話をする、献身的なサービスを心がけるなど、愛想よく接客をすれば本指名へ着実につながっていきます。

ただいくら笑顔で愛想よく頑張ろうとしても、どうしても顔をしかめてしまうようなお客様に出会うときもありますよね。
口臭・体臭がきつ過ぎる、プライベートに踏み込んでくる、風俗嬢を乱暴に扱う、何が何でも本番要求…など。

風俗嬢も1人の女の子ですし、1人の人間ですからね。
なんでもかんでも我慢させられるってんじゃ、たまりません。

時には生理的に受けつけないお客様がやってくる日もあります。それでも頑張っている女の子はたくさんいるはずですし…。
よっぽどな事情があったならお店に相談すべきですし、場合によっては接客自体をNGにしておくこともできるでしょう。

地雷嬢にならないために、自分自身がよその地雷を踏んでしまっては本末転倒。
あまり自分を追い込んでしまうのも長続きしないので、嫌な出来事があったらお店に相談してみてください。

もちろん自分自身で機転を利かせたり、お客様とのトラブルを避けるための話術を身に着けるのもかなり大切ですけどね。

風俗の本番強要を断る方法を紹介します!【風俗嬢必見】
お疲れ様です。なぎさです。 風俗嬢として働いていると、本当にいろんなお客様とめぐり合います。 そしてその中に...

3.本指名をもらえる風俗嬢はこっそりズルなんてしない

「風俗嬢がズル?」と疑問に思った方がいるかもしれません。
でもお客様の見えないところで、こそこそ悪事を働いている風俗嬢も過去にはいた、ということです。
目先の利益に捕われた浅はかな行い…、今回は反面教師という名目でこちらに記させていただきます。

そして間違ってもこれらの行為はやらないようにしてくださいね。
クビになるどころか、最悪警察のお世話になるかもしれませんから。

タイマーをこっそり短く設定するのは絶対にNG

多くの風俗業種ではプレイ時間をタイマーで管理しています。
タイマーの設定は風俗嬢が行っているため、調整しようと思えばいくらでもできるんです。

私が聞いた話では、風俗嬢がお客様から見えないところでタイマーをこっそり短く設定していたんだとか…。
詐欺と言われてもおかしくないような行為。
やる人はほとんどいないかと思いますが、絶対にNGです。
風俗嬢個人としてもそうですが、お店の信頼を損ねる問題に発展しかねません。

しかも、高い利用料金を支払っているお客様ですから、時間を逐一確認している方も少なくありません。

「あれ、時間までまだ5分あるのにもう終わり?」と簡単にバレてしまいます。
そんなリスクしかない悪質な行為より、時間一杯お客様をおもてなしして本指名に繋げたほうが何倍もマシでしょう。

接客の隙を見て盗みを働く風俗嬢も…

風俗には必ずと言っていいほど、シャワータイムという時間が設けられています。
特別なオプションをつけていない限り絶対です。
通常は風俗嬢も一緒にシャワーを浴びるのですが、その時間を巧みに利用し盗みを働く風俗嬢…許されざる行為だと言えます。

「プレイの準備をする」「すでにシャワーは浴びている」などと理由をつけて、男性に1人でシャワーを浴びさせ、その間にお客様の財布からネコババしたり、高級な貴金属を自分の鞄へ忍ばせたり…。
当たり前ですが、完全に泥棒です。

風俗嬢として働いていると、さまざまな階級のお客様と出会う機会があります。
中には大手企業の社長さんだったり、スポーツ選手だったり、芸能人だったり…。
身につけているものは高価なものばかりですし、財布の中も潤っているでしょう。

正直そんなものを見て、誘惑されないと言えば嘘になりますが、常識的に考えて絶対にNGな行為。
丁寧な接客を心がけよう!…とか言っている場合ではありません。
自分の人生を左右する問題になりますから、犯罪に手を染めることはやめておきましょう。

そもそもシャワータイムもプレイ時間に含まれています。
盗みを働かなくても、シャワーを浴びるのもお仕事の1つです。
ズルをしてはいけません。こういった行いの報いは、必ずと言ってよいほどキッチリ還ってきますからね。

本指名獲得には風俗嬢もプロとしての姿勢が必要

接客に絶対の正解はありませんが、本指名を増やしていくためには、風俗嬢側にもある程度の努力は必要です。
今回紹介したようなポイントを押さえて、NG接客をしないようにお仕事をしていけばお客様も自然とついてくることと思います。

ただ、必ずしもその努力が報われるとは限りません。
お客様一人ひとり好みや感性は違いますからね…。

その一方で風俗店の指名ランキングに載っている女の子は接客レベルが優れているというのもまた事実。

私のお店のランカー嬢に聞いてみたところ、やはり今回のポイントは全て押さえているとのことでした。
「接客態度を意識するのはプロとして当たり前だし、ズルなんて風俗で働く以前の問題じゃん」とあしらわれるほど…(笑)。

やっぱり彼女たちのようにプロフェッショナルとしての姿勢こそが、本指名を獲得するための一番の近道かもしれませんね。
もちろん私も言いっぱなしってワケにはいかないんで、襟を正してお仕事に励もうと思う次第です。はい。

今回の接客ポイントを参考にして、1人でも多くの女性が本指名をもらえるようになること願っています。

当サイトには風俗の閑散期・繁忙期について解説した記事もございますので、今後の参考にしていただければ幸いです。
タイトルとURLをコピーしました